【お笑い動画でファッショニスタへ】渡辺直美のサクセスストーリーとは?

渡辺直美

ビヨンセのものまねダンスで有名な渡辺直美さんですが、近頃ではインスタライブが大人気ですね。

ぽっちゃりとした体形ですが、オシャレで独特なファッションの着こなしやメイク術で若い女性からの人気も高いんです。

でも、ここまで来るには、渡辺さんはいろいろな苦労をしていたのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020年 あけましておめでとうございます㊗️ 今年もみんなにとって素敵な一年に なりますように🥰❤️ 2019年は 日本のお仕事を半分にして、世界をうろちょろしました!そんな自由な私に、応援してくれてる方々が沢山いるということを改めて思った年でした!見守ってくれて本当にありがとう。 愛を感じた一年でした。 2020年からまた、みんなに恩返しが出来るような最強パワフルエンターテイナーウーマンになれるように頑張ります🌹 いつもありがとう! そして、これからも宜しくお願いします🌞. 2020 Happy New Year㊗️ Wishing everyone a wonderful year🥰❤️ I worked half the year Japan and spent the other half traveling around the world in 2019! It was a year where I was able to feel the support from everyone while I lived freely! Thank you – it was a year where I felt so much love. I hope to give back in 2020 by becoming a super powerful female entertainer🌹 Thank you always… and for your continuous support🌞

渡辺直美(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 –

 

渡辺直美さんのプロフィール

 

まずは、渡辺直美さんのプロフィールを紹介します。

 

・1987年10月23日生まれ

・身長158cm/体重107kg

・茨城県出身

 

吉本興業のプロフィールでは、茨城県出身となっている渡辺さんですが、台湾で産まれているそうです。

日本人の父と、台湾人の母を持つハーフで、渡辺さんにはお姉さんが1人います。

幼いころに両親が離婚し、渡辺さんはお母さんに引き取られます。その後、茨城に住んでいました。日本と台湾を行き来する生活をしていたようです。

テレビで日本語がカタコトしかできなかったと本人も話していることから、ハーフであることを知っている人は多いと思います。

 

貧しかった子供時代

 

幼少期は、金銭的に厳しい生活をしていたそうです。

ご飯を食べるにも困るような生活だったらしく、本人も幼い頃は「おかずのチラシを見ながらご飯を食べた」と話しています。

そんな食生活だったこともあり、今でこそダイナミックなボディの渡辺さんですが、子供の頃はとても痩せていました。中学生くらいまでは痩せていて、男の子から人気もあったとか。

 

子供の頃に苦労したという話は、テレビでも何度か出ています。

だけど子供の頃の渡辺さんは、そんな苦労を感じさせないような、明るくて元気な子だったそうです。その一方で引っ込み思案な面もあり、友達の前では明るく振る舞っていても、周囲の目を気にする部分もあったそうです。

 

茨城で育った渡辺さんですが、お母さんがあまり日本語ができなかったことから、渡辺さんも18歳頃までカタコトの日本語しかできなかったそうです。

そのため、中学生時代には、イジメをうけたことがあったとか…。

そんな辛い幼少期を過ごしていた渡辺さんですが、幼いころから芸能界に憧れを持っていました。

中学生の頃には、仲のいい友達の前でものまねを披露したりして、この頃にはお笑いの道に進みたいと決めていたようです。

辛い環境の中でも夢を持ち、人を楽しませていた渡辺さん。彼女の成功の原点ですね!

 

高校受験に失敗!バイトを経てNSCへ

 

中学を卒業した渡辺さんは、高校を受験しますが、なんとすべて不合格でした。

でも、芸人になりたいという夢を持っていた渡辺さんは、NCSに入る費用を貯めるために、ファミレスでバイトを始めます。

なんと、ファミレスのバイトで20㎏も太ってしまったとか…。

この頃から、徐々に今の体型に近付いていったのですね。

 

その後、お金を貯めNSCに入りますが、お母さんはNSCに入ることを大反対していたそうです。それでもどうしてもお笑いの道に進みたかった渡辺さんは、反対を押し切り家出同然でNSCに入ります。

辞める人が多いことで知られるNSCですが、渡辺さんの周りでも辞めていく人はたくさんいました。そんな中でも、「お笑いをやりたい」という気持ちと、家出同然で出てきて、親にも頼れないという後戻りできない状況で、渡辺さんは頑張ります。

 

その後NSCを卒業し、コンビで活動していましたが、うまくいかず、解散してピン芸人として活動するようになります。

ピン芸人となった後も、当然すぐに人気が出るわけではなく、日本語がうまく話せない渡辺さんは、動きで笑いを取るように考え、ビヨンセのものまねにたどり着いたのです。

 

ビヨンセのものまねで見初められデビュー!

 

ビヨンセのものまねが唯一のネタとなっていた渡辺さん。そんな彼女に、大きなチャンスが巡ってきます。

新人の渡辺さんがとても出られないような、公開オーディションに出ることになったのです。

当時のマネージャーが、かなり無理を言って出られることになったそうです。

そこで、ビヨンセのものまねをします。

それをたまたま今田耕司が見ていて、「おもしろい子がいる」と見初められたのです。

 

そこから今田さんの一押し芸人としてテレビ出演が決まり、渡辺さんは初めてテレビに出ます。

もちろんビヨンセのものまねを披露します。

今田さんは「使っている筋肉はビヨンセと同じ」と絶賛。

そこから、渡辺さんの存在は知られていきます。

 

2008年には「いいとも少女隊」を結成し、2010年まで「笑っていいとも」のオープニングでダンスを披露します。この辺りに来ると、している人もかなり多いでしょう。

この頃から、バラエティー番組への出演がどんどん増えていきます。

 

NY留学後インスタの女王へ

 

ビヨンセのものまねで人気が出て、番組への出演も多くなっていた渡辺さんですが、芸人を休業して修行のためとしてNYへ行ってしまいます。

テレビ出演が増え、レギュラー番組もあった中でのNY行きは、かなり思い切った決断ですね。

でも、人気が出てくる中で、芸人を続けていくことへの悩みもあった渡辺さんは、3ヵ月間NYに行くことを決めます。

吉本興業からは、戻ってきても仕事はないと言われたそうです。

それでも、本場のエンターテイメントを学びたいと、渡米します。

 

帰国後から渡辺さんはファッションやメイクを研究するようになったそうです。個性的なファッションや、オシャレな着こなしが注目されるようになっていき、若い女性のファンが増えていきました。

インスタグラムでの人気もどんどん上がり、日本で一番フォロワーがいると言われ、「インスタの女王」と称されるようになります。

自身で立ち上げたファッションブランドも若い女性を中心に大人気です。

 

まとめ

 

渡辺さんは、自分で決めたことに思い切ってチャレンジしているところがすごいですね。

もともと服には無頓着で、ファッションに興味を持つようになったのも、スタイリストさんの影響だそうです。

こうしてみると、渡辺さんの努力はもちろんですが、ここまでの道のりにはいろんな人との出会いが影響しているようです。

辛いことがあっても、自分の道を信じて進んできたからこそ、そういった出会いもあったのでしょう。

これからの渡辺さんの活躍もますます気になりますね!

 

渡辺直美さんのYoutubeはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です