アフィリエイトでさくっと稼ぐためのお宝キーワードの探し方~丁寧に調べたものが勝つ!

アフィリエイトキーワード

アフィリエイトに取り組んでいる人を悩ますものといえば「キーワード選定」ではないでしょうか。

キーワードによってはライバルがひしめき合っており、新しく参入したところで全く勝ち目がないというものも多くありますよね。

最近は大企業なんかもキュレーションサイトなどを運営して、キーワードを埋め尽くしてますので、個人のアフィリエイターはキーワード選定が難しくなっています。

 

しかしそんな中でも、安定した収入を稼ぎ出してるアフィリエイターは数多く存在します。

彼らがどのように稼いでいるかと言うと、「キーワード選定の考え方」に答えはあります。

ここではアフィリエイトでサクッと稼ぐためのお宝キーワードについてお伝えします。

お宝キーワードの考え方

キーワード選定の基本的な考え方

キーワード選定ですが、
「商標名+2語目のキーワード」
が基本的な考え方となっています。

例えば健康のために青汁を購入したいと考えている人であれば、
「○○青汁+効果」
と検索し、どのような健康に対する作用があるのか調べますし、

「○○青汁+口コミ」
と検索するのであれば、実際に購入した人の評判を聞きたいと思っていることが分かります。

アフィリエイトでよく使う2語キーワードは「効果」「口コミ」「評判」「最安値」などが一般的となっていますが

これらのキーワードは人気の商品であればすでにライバルで埋め尽くされていることが少なくありません。

しかしお宝キーワードを選定するポイントは、この2語目もしくは3語目のキーワードにあります。

 

購買行動に結びつくキーワードを考える

アフィリエイトにおいてキーワードを考える際に大事なことは

そのキーワードで検索されて購入に結びつくかどうかということです。

例えば薄毛に悩んでいる男性がいたとして、

「薄毛 原因」「薄毛 効果」

これら二つを検索した際に、どちらが購入に結びつきやすいか考えてみればわかりますよね。

 

もちろん記事の持っていき方にもあるのですが、「効果」の方が購入に結びつきやすいと考えることができるでしょう。

ですので、仮にお宝キーワードを見つけたとしても、購入に結びつかないようなキーワードであれば

せっかく作った記事であっても収益に結びつかないことがあります。

 

検索してもらえるキーワードを考える

キーワードと言っても数限りなくあります。

ライバルが全くいないキーワードを見つけたとしても、そのキーワードで検索されなければ全く意味がありません。

そのためお宝キーワードを見つけた際には、本当にそのキーワードが検索されているものなのかどうか調べなければなりません。

また同時にライバルサイトがどのようなものなのかもしっかりと調査していきます。

仮にライバルが多いとしても、ペラサイトや無料ブログなどの弱いサイトばかりであれば、勝ち目もあるでしょう。

 

お宝キーワードを生の口コミから探してみる

キーワードを探す際に参考にするものは、多くの人が「Googleサジェスト」と答えるのではないかと思います。

ただし先ほどからお伝えしている通り、Googleサジェストは多くの人が検索しているためにそれだけライバルも多いということが言えます。

お宝キーワードを探すおすすめとして、生の口コミから探してみることが有効です。

みなさんはYahooが運営する「Yahoo!知恵袋」やGooが運営する「教えて!Goo」はご存じだと思います。

これらのQ&Aサイトは、一般の人が悩みや気になることを質問するサイトです。

そのため本当に聞きたいことをキーワードとしてそのまま打ち込んでいることが多いのです。

 

例えば「育毛剤」のことを調べている人の悩みを調べていると、やはり「効果」を調べている人が多いのですが、「すごい効果」と調べている人が少なくないことも分かります。

これをGoogleサジェストで調べてみて、「育毛剤 すご」までいれると「育毛剤 すごい」と「育毛剤 すごい効果」というものが出てくるのが分かります。

ただ単に効果を知りたいだけではなく、本当に悩んでいる人は「すごい効果」を望んでいることが分かります。

このようなキーワードを見つけたら、ライバルなどをチェックして、そのキーワードで記事を作成していけばいいのです。

 

サイト数からお宝キーワードを探してみる

Googleサジェストに普通に出てくるキーワードでも、意外にライバルが少ないというキーワードも見つかることがあります。

手っ取り早くキーワードを探すツールに、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」や「goodkeywordがあります。使っている人も多いでしょう。

これらのツールで調べ上げたキーワードに、どれぐらいのライバルがいるか調査すればいいのです。

Googleの検索では、基本的に曖昧な検索になっており、その言葉に近い意味も含んで検索されるようになっています。

例えば「薄毛 効果」と検索した場合であれば、検索したサイトすべてに「薄毛 効果」のキーワードが含まれているのではなく、そのキーワードの共起語などを含んだサイトなども検索されます。

しかし Googleの検索窓に「allintitle:」と入れたあとに「薄毛 効果」を入れ検索すると、「薄毛 効果」をタイトルに含んだサイトだけを検索することができます。

その結果は次のようになります。
「薄毛 効果」:約20,500,000件
「allintitle:薄毛 効果」:14,400件

まったく違うことが分かりますよね。

実際の商品で調べてみましょう。

男性育毛剤の人気商品に「フィンジア」というものがあります。

「フィンジア 効果」:約159,000件
「allintitle:フィンジア 効果」:約1,820件

「効果」ではなかなか厳しいですよね。
3語目のキーワードを使いましょうか。

「フィンジア 効果 前髪」:約16,600件
「allintitle:フィンジア 効果 前髪」:10件

どうでしょう。
10件くらいなら、何とかなるのではないでしょうか。

しかもライバルサイトを見てみると、それほど強くないことも分かります。上位表示が狙えそうですよね。

 

まとめ~丁寧に調べたものが勝つ!

アフィリエイトでさくっと稼ぐためのお宝キーワードの探し方についてお伝えしました。

「アフィリエイトでは稼げない」
「アフィリエイトはオワコン」

などと言っている人を見かけますが、まだまだお宝キーワードがありますので、アフィリエイトも捨てたものではありません。

どんなビジネスでもそうですが、丁寧にライバルを調査しなければならないということです。

アフィリエイトも丁寧にキーワードを探せば、必ずお宝キーワードはあるものです。

他にもお宝キーワードの探し方は様々あるのですが、ここでは手軽に探せる基本的な方法についてお伝えしました。

ぜひ自分だけのキーワードの探し方を見つけて、まだまだ稼げるアフィリエイト市場に参入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です