Anker Nebula Capsule IIを購入したらお家時間が最高になった!おすすめポイントを紹介!

Anker

外出自粛の影響で外出する機会も少なくなり、家で過ごす時間が長くなりました。

「おうち時間の充実」というのが最近のキーワードでもありますが、そんな中「プロジェクターを購入して家で映画を楽しみたい!」と思った方も多いと思います。

しかし、「家にホームシアターを作る」と考えると、専用部屋を用意したり、高価な機器を用意したりとハードルが高いイメージがあるかもしれません。

そこでおすすめなのが「Anker Nebula Capsule II」です。

今回は私が実際に購入した「Anker Nebula Capsule II」のおすすめポイントをレビューしていきます。

【Anker Nebula Capsule IIの商品URL】

おすすめポイント①:AndroidTV内蔵でパソコンなしでも映画が楽しめる

Anker Nebula Capsule IIは、世界で初めてAndroidTVを内蔵したプロジェクターです。

プロジェクターは通常、パソコンやDVDプレイヤーなどと接続して、再生した映像を出力するだけでした。

Anker Nebula Capsule IIは、AndroidTVが内蔵されているので、パソコンなどとの接続不要で、Youtube、Netflix、Amazonプライムといった動画アプリを通じて映画が楽しめます。

余計な物を置くスペースも必要ないですし、これ1台を持ち運べばどこでも使える機能性が魅力です。

おすすめポイント②:コンパクトなボディで100インチまでの投影に対応

Anker Nebula Capsule IIは空き缶程度のサイズしかないコンパクトさがありながらも、100インチまでの大画面投影に対応しています。

投影距離によって画面サイズは決まってしまうのですが、私が使っている部屋でも投影距離2mで70インチ程度のサイズが実現できます。

テレビよりも大きな画面で迫力満点の映画が楽しめます。

おすすめポイント③:合計10万円以内でホームシアターが完成する

さらにAnker Nebula Capsule IIが魅力的なのは価格です。

Amazonだと59,800円で販売されており、スクリーンや固定するための三脚などを加えても10万円もかかりません。

「ホームシアターを作る」と聞くと、何十万円もかかるようなイメージがありますが、Anker Nebula Capsule IIであれば、10万円もかけずにホームシアターを実現できます。

まとめ

Anker Nebula Capsule IIは、1人部屋やワンルーム賃貸でも大画面による映像が楽しめる便利なプロジェクターです。

AndroidTV内蔵という利便性はもちろん、コスパ十分なので、おうち時間をさらに充実させることができるでしょう。